高校受験真っ最中のおいっ子と塾

今回は長男のことではなく、私のおい(中3)のことを書きますね。おいっ子家族は、我が家と同じ市内に住んでいるので、しょっちゅう交流があります♪

公立中学3年生なので、ただいま高校受験真っ最中!先日、滑り止めとして受けた私立高校が合格したとすごくうれしそうに(でも余裕のそぶりで^^)報告してくれました。^^(なんだか、私が泣きそうになっちゃいました。^^;)

第一希望は、県内でも有数の公立進学校だそう。進学校を希望しているだけあって、中1からずっとなかなかの成績だったようです。(成績も教えてくれるほど、お互いの行き来が多いんです。^^)

実は、私がこのブログに「進研ゼミで高校受験」というタイトルを付けた理由は、このおいっ子がいるからなんですね。塾には行かず、進研ゼミだけで中学3年まで好成績をキープ。進学塾に入ったのは、運動部を引退した中3の夏休みだったからなんです。

だから、このブログを始めた7月ごろにはまだどこの塾にも行っていない状態で、「進研ゼミだけで、好成績!時間的にも経済的にも理想的だわ~♪」なんて思っていたんです。

では、なぜ、自分の子どもは中学入学とほぼ同時に入塾させようとしているのかというと、一番には長男が「ホントに、数学、大丈夫?」という状態だから。次に「親子ではお互い甘えが出てる」と思うから。(自分の子どもにはなかなか冷静になれません。苦笑)

あと、もう一つが、中学3年の夏休みから塾に行き始めたおいっ子を見ていて、「もう少し早く入塾した方がよかったのでは?」と思ったからなんです。

というのも、塾に行き始めてからはじまった2学期。成績がダウンしたんだそう…。

おいっ子の母(義姉)からも「塾って、どんなふうに勉強するの?今まで自分で勉強するペースができていたのに、塾も加わって、いっぱいいっぱい?それとも塾が合わなかった?」と相談されました。(義姉自身は塾に通ったことがないそう)

私は割と近くで見ているけれど、本人の状況を把握しきっているわけではないし、本人と親で決めるべきことなので、「秋からはみんな頑張るから、下がるケースもあるって聞くよ。本人が続けたいと言うなら続けた方がいいと思う」などと、一般的な返事しかできなかったんです。

塾に相談しても「もう少し早く入塾してくれれば…」と返事をされたそうですよ。(義姉は、県内トップ高を目指してほしかったみたい。トップ校には、一歩及ばず…だそう。)

結局、この受験直前の秋に、塾をやめるリスクは取れない…と考えたようで、本人も慣れてきたようですし、そのまま塾を継続しています。

こんな状態を目の当たりにして、入塾後、成績が下がるってことも十分考えられるので、試行錯誤をする時間の余裕をもって、塾に入った方がいいのかもしれないなぁ…と思いました。

塾側の「もう少し早く入塾してほしかった」というのも、本音なのか言い訳なのか分からないけど、中3の夏休みって、十分そう言われてしまう時期からの入塾ですしね。

塾に入るつもりがあるなら、せめて中3になる前の春休みには入塾した方がいいように感じました。(塾なしで高校受験するって決めている場合は別ですが。)

公立高校の受験~合格発表まで、もう1か月を切りました。おいっ子だけじゃなく、受験生みんなが体調を整えて、悔いのない受験をしてほしいと思っています。



このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです♪
たくさんのブログが登録されているので、
家庭学習の様子など参考にさせてもらっています♪

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村 中学生の子
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村 高校受験

あわせて読みたい関連記事

    None Found

「進研ゼミを使い倒す!元を取る!」

コレができれば、定期テストも高校受験も大丈夫かも!?

  まずは、高校受験情報を確認 → 47都道府県・高校受験情報 icon

うちの県では、中1から中3までの内申書が提出されるみたいです!
「中学入学後、しばらく様子を見て…」なんて言ってたら、手遅れだったかもしれません。^^;

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

タグ

2012/02/24 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:中学生と塾 高校受験

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ