進研ゼミ、退会します!【中1男子】

突然ですが、進研ゼミをやめることに決めました。(2013年3月19日追記:中2の4月号から、進研ゼミ中学講座に再入会しました!)

小学6年の8月に、それまでしていたドラゼミから、中学入学後を見据えて、チャレンジに変更。ちょうど1年がたちました。(ドラゼミは小学生コースまでしかありません。)

中3の夏まで、塾なし、進研ゼミだけで好成績をキープしていた甥っ子のようになってくれたらいいのになぁと思っていたけれど、長男にはあまり向いていなかったのかなって…。(甥っ子のことは過去の記事に書いています。地域2番目の進学校に通ってます。^^)

 

「チャレンジ、できないかも」と、長男が言い出したのが、たしか5月の終わりごろ。

部活でほぼ毎日6時半ごろに帰ってくるとはいえ、文化系なので、それほど疲れている様子もないし、「やろうと思えばできるんじゃない?」と、とりあえず保留にしていました。でも、好きな教科(=英語&理科)はそれなりにしているけれど、他の教科は忘れてるのか、忘れてるふりをしてるのか…?という感じで、なかなか取り組まなかったんですね。

さらに長男の場合、何冊にもテキストが分かれていることで、どれをしたらいいのかよく分からなくなってしまうようでした。苦笑

分かれてるって言っても、毎月のテキストは「英語・数学・国語」「社会」「理科」の3冊だけなんですけどね~。プラスの定期テスト用の問題集もいつやったらいいのか分からないみたいだったし…。(テスト前に決まってるのに!)

数学は個別塾に通っているから、赤ペンの添削問題しか利用していないし、ウェブ学習のプラスアイ(以前はオプションだったけど、本年度から受講費用に含まれるようになった)は、赤ペンの返却し利用していない状況。定期テスト対策問題集は、塾の対策プリント等に追われ、やる時間が取れなかった…。この様子だとちょっと進研ゼミの受講費用がもったいないような気がしてきたんです。

思っていたより、中学のワークの種類が多かったのも、進研ゼミにこだわらなくてもいいかな?と思う理由の一つでした。アレコレ手を付けるより、学校のワークなど同じ問題集を完璧になるまでこなす方が、学力があがるのでは?とも。

 

そんな感じで、数学は塾のテキスト。他の教科は、中学で一斉購入しているワークをメインに繰り返し勉強。足りない分があれば、市販の問題集の方が、何をしたらいいのか迷わなくて済むので、長男にはやりやすそうだと思うようになりました。

進研ゼミの内容自体は悪くないと思うんですけどね。

ただ、ちょっとごちゃごちゃしているというか、やる気を出すためのいろいろな仕掛けが、長男には「なんか、いちいち邪魔なんだよね~」と感じてしまったのも、やめようと思った理由の一つのようです。

特にプラスアイは、パソコン好きの長男にはぴったりなんじゃないかと思っていたのですが、逆だったようです…。長男が言うには、勉強のためにパソコン立ち上げないといけないっていうのが面倒だし、パソコン使うなら、他のことをしたくなるんだそう。^^;

 

と、いうことで、ちょうど1年。中1の7月で、進研ゼミは退会することにしました!

高校受験どころか、中1の途中でやめてしまうので、ブログタイトル「進研ゼミ中学講座で高校受験はOKか?」については、「うちの子は無理でした…。でも、ちゃんとできる子(うちの甥っ子。高校講座も続けているらしい。)もいますよ」という回答です。

このブログ、タイトルを変えて続けるべきか、このまま置いておくか、やめてしまおうか、ちょっと迷っています。

 



このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです♪
たくさんのブログが登録されているので、
家庭学習の様子など参考にさせてもらっています♪

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村 中学生の子
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村 高校受験

あわせて読みたい関連記事

    None Found

「進研ゼミを使い倒す!元を取る!」

コレができれば、定期テストも高校受験も大丈夫かも!?

  まずは、高校受験情報を確認 → 47都道府県・高校受験情報 icon

うちの県では、中1から中3までの内申書が提出されるみたいです!
「中学入学後、しばらく様子を見て…」なんて言ってたら、手遅れだったかもしれません。^^;

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

タグ

2012/07/01 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:中学生の日常 中学講座:中1

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ